Enrtry details

シロアリ・腐朽の予防措置の作業

− 2016.08.18

今日の朝一はシロアリ・腐朽の予防措置の作業をしました✧

新築住宅の防蟻・防腐措置は、建築基準法で定められています.

木材の劣化は木造住宅の耐用年数に直結しています。防腐防蟻処理にも持続性が求められる時代です。

HFでは基礎土台のプレカットの際
シロアリ・腐朽の予防措置の作業をまずおこないます。
★HFの使用するシロアリ剤
エコボロンPROは非常に安全性が高いため、シックハウス対策として2011年9月には、公益社団法人日本木材保存協会の認定薬剤として登録されました。
エコボロンの主原料は「ホウ酸塩鉱物」です。


ホウ酸塩は安定した無機物なので分解されず、また揮発・蒸発することもないため、非接地・非曝露の条件下では効果が長期間に渡って持続し、お部屋の空気を汚しません✧
高気密高断熱構造住宅も、シックハウスの心配は無用です。
※もしもシロアリが発生した場合のお家では、エコボロンPROの主成分であるホウ酸塩を摂取したシロアリはエネルギー代謝が出来なくなり、餓死します。またこの効果はシロアリに限らず、食材甲虫にも同じ作用をもたらします★


008

★エコボロンPROと農薬の違い

日本では雨が当たるかどうかに関わらず、農薬系を用いる防腐防蟻処理が今現在でも標準になってしまってます(/_;)

農薬系は揮発成分がシックハウス症候群を引き起こす一因とされています。

エコボロンと農薬処理の違い

 

エコボロンと農薬の違い

目に見えないところだからこそ、安心安全にこだわり
手作業でがんばってます★

 

 

 

 

 

 

 

 
ページトップへ